子どもがかわいくて仕方ありません。子育てがあるからこそ、毎日の生活が楽しめるというものです。

子育てが楽しい生活の送り方
子育てが楽しい生活の送り方

子育てが楽しい生活というもの

私は昔から子どもが大好きでした。
他人の子どももかわいいので、自分の子どもはどれだけ可愛いのか期待していました。

ですが、なかなか子宝に恵まれず、あきらめかけていた時にやっとの思いで一人できました。
生まれて来るまで信じられませんでしたが、これまで生きてきた中で最高の出来事でした。
子どもが生まれて、生活はがらりと変わりました。
全て子ども中心で、何もかもが子どものためです。
子育てはとても楽しいですね。

子育ての何が楽しいのか具体的には言えませんが、遺伝子なのでしょうね。我が子が一番可愛いのです。
まあ、一般的に言うと血縁ということなのでしょう。子どもが喜んでも、怒っても、泣いても、嘘ついても、失敗しても全てが大切な宝物なのです。
この前も、ゲーム機のリモコンが欲しいというのです。
完全に甘やかしていますので、すぐに買ってやりたいところですが、一緒に散歩に行って、歩ききったら買ってあげると約束しました。
いつもならすぐに「抱っこ」というのですが、頑張りました。
何度も挫折しそうになったり、弱音を吐いたりしそうになるのですが、「帰りたいって言ったら負けよ」というと、「あ、うそうそ、言ってない」とごまかすのです。
達成して、すぐに一緒に買いに行ったのですが、車の中で寝てしまいました。

ただ、遺伝子は恐ろしく自分に似るものです。
人と遊ぶのが苦手で、いつも、みんながいなくなってから遊び出すタイプです。
幼稚園で「先生、一緒にあそぼ」といって、よく先生と遊んでいるそうです。
実は私と全く一緒。ただ、自分はなんとも思っていませんでした。

しかし、自分の子どもが友達と遊べないと思うと、泣けました。
まあ、仕方ないですね。私と同じようになんとも思っていなければ幸いと願うところです。
語りきれないほどの宝物が私の中で溜まっていきます。
結婚して、子どもができてよかった。そう思います。
また、かなうなら、あと二人くらい欲しいですね。

Site Recommend