子育ては夫婦にとって一番の楽しみであるだけに、意見が合わなければ致命的です。結婚前に一緒に生活するべきです。

子育てが楽しい生活の送り方
子育てが楽しい生活の送り方

夫婦生活で致命的な溝となり得る子育ての方針

夫婦で子育てについて意見が合わないほど悲惨なものはないと思います。
他のことなら我慢できるけど、子育てについて妥協してしまうと子供の将来に影響してしまいます。
できれば妥協したくないところでしょう。かと言って意見が合わないものはどうしようもなく、結局はどちらかが折れることになります。
異なった考えの人を説得しようなどとは思わないことです。
そんなことは所詮無駄です。
自分が正しいと思っているのと同じくらい、相手は相手の考えが正しいと思っています。
大抵は子育てに中心的な役割を果たしている母親の意見が通り丸く収まるのですが、中にはそれがきっかけで夫婦仲が険悪になり、修復不可能になってしまうこともあります。
一緒に生活をして初めて気付くことはたくさんあります。
何年付き合っていても、自分にピッタリと思っていても、生活を共にすると想像もしなかった相手の嫌な面が見えてきたりします。
私はそんな夫婦をたくさん見てきました。
できれば結婚する前に何年か同棲したほうが良いと思います。


夫婦の間ではなんとか解決することも多いですが、ここに姑や小姑が入ると問題は致命的になります。
私の友人は夫の実家に同居しています。
舅、姑、まだ嫁に行っていない小姑二人と同居です。
二世帯とかではなく、完全な同居です。
そんな生活私には考えられません。一番我慢ならないのが姑と小姑の子育ての介入だそうです。
子供の髪型、服装から始まり箸の上げ下ろしまでうるさく口を挟むと言っていました。
同情を禁じえません。
しかし年上の人の意見は参考になることも多いので、なんとか上手く切り抜けてほしいと思います。

Site Recommend