子育てをしながら共働き生活を続けるためには、家事や料理を作ることの主人との協力が不可欠です。

子育てが楽しい生活の送り方
子育てが楽しい生活の送り方

子育てをしながら共働き生活は協力が必要です。

私は現在5歳と4歳の娘の子育てを頑張っております。
本当はゆったりとした子育ての生活を送りたいために、私は専業主婦になって、ゆっくりと育てていく予定でしたが、子育ては思いのほか、結構な出費がかかることがあり、やはり片働きでいると、どうしても生活をしていくのが大変ですので、今は頑張って共働き生活を続けております。
それでもやはり子育てをしながら、働いて、そして家事や料理を作ったりする生活を続けることはそんなに容易なことではありません。やはり子育てをしながら働くような生活には主人の協力が不可欠になってきます。


この家事の分担をするためには、主人との話し合いが非常に重要になってきます。
主人と色々と話をして、二人にとっても子供達に取ってみても、負担がないような分担をしなければなりません。私が主に保育園の送り迎えをして、そして料理を担当するとしたら、主人は洗濯をしたり、掃除をしたりと、そういった分担をしてもらっています。

しかし、たまにはこの分担が崩れる時もあります。
子供はいつどんなときに熱を出すかもわからないので、急に呼び出されることも多数あります。
家事や料理は分担しても、このように呼び出しに対する対策もしておかなければなりません。その臨機応変に対応するところも話し合いが必要であると思います。
このような分担をすることによって、今は子育てをしながら、働けるような生活を続けることが出来ております。
これからもこのように家族で協力しながら、楽しく子育てをし、共働き生活を続けていきたいと思っています。

Site Recommend